クライミング

【16万円かかる?】リードクライミングの費用(初期、継続)を解説!【高いのはジム利用料】

クライミング

こんにちはー!Jizo(じぞー)です!

リードクライミング(ロープクライミング)に興味がある、という方のために

リードクライミングの初期費用継続費用を徹底解剖しました!

まず結論から。およそ以下のコストがかかります!

168,000円!! 思いのほかいいお値段。笑

こんな条件を想定しています

  • ボルダリングの道具を持っている
  • ジムでのみリードクライミングをする
  • 一年継続する

では、内訳を見ていきましょう♪

ちなみに、以下の説明では条件を分岐させています。
※クライミングをこれから始める、など

なので、自分が始めるならいくらかかりそうなのか、

どんな人もわかりますよ♪

リードクライミングを始めるために必要な道具

お店で買い物するときのリストとして使ってください

道具のトータルコスト

  • 道具を全く持っていないなら、129,600
  • ジムボルダリングをやっているなら、95,900
  • 登山もやっているなら、62,900
  • ジムでしか登らないなら、33,000

道具だけで、これくらいが必要です。

ここからは、リードクライミングのためのおすすめ道具を厳選して紹介します。

安全のためだったり、安く買えるよ、という情報です。

ビレイデバイス

これから始めるかたに一番おすすめできるのは、ブラックダイヤモンド(Black Diamond)のパイロット(pilot)です。

  • 安全性 (墜落を止めるアシスト機能)
  • 汎用性 (リードクライミングの初心者が利用する範囲)
  • 価格 (懐に優しいのがいい)

このバランスが最も良いのがパイロットです。

  • パイロット 5,000円
  • ルベルソ 4,000円
  • クリックアップ 10,000円

昔からよく利用されているぺツルのルベルソは、汎用性は高い(懸垂下降やマルチピッチに使える)ですが、安全性が低い(アシスト機能がない)です。

新しいデバイスのクライミングテクノロジーのクリックアップは、安全性は高い(アシスト機能がとても優秀)ですが、価格が高いです。

懸垂下降やマルチピッチはすぐには経験しないと思うので、パイロットをオススメします!

なので、懸垂下降やマルチピッチの予定が既にあるよ!という方はルベルソ一択ですね。

ロープバッグ

Amazonで、無名メーカのロープバッグが安く買えます。

汚れやすい道具なので、大手クライミングメーカーの高いもの(〜6,000円)を買う必要はないです。

Amazonでロープバッグ、と検索すると安い製品が出てくるので、そこから選びましょう。

▶︎\Amazonの「クライミング ロープバッグ」検索へジャンプ/

グローブ

こちらもロープバッグと同じく、大手クライミングメーカーのもの(〜6,000円)を買う必要はありません。

手のひら側が、豚革もしくは牛革のグローブを、Amazonかホームセンターで購入しましょう。

携行するために、カラビナが通る穴を開けたければ、つまんでハサミでチョキッと切れば、いい感じの穴になりますよ♪

▶︎\Amazonの「豚革 手袋」検索へジャンプ/

リードクライミングを始めるために必要なジム利用料

4,400円くらいです。

内訳は
初回登録料2,200円(安ければ1,000円)
ジム利用料2,200円

首都圏は、ほぼこの金額です。

お得に利用するのであれば、

平日料金(〜18時)や夜料金(18時〜)を使うと
400円ほど安くなることも。

リードクライミングを始めるために必要な講習

15,000円くらいです。

「クライミングジムでのリードマスターするため」の費用です。

外岩で」となると、プラス15,000円程度が必要になりそうです。

調べたジム;PUMP、 BASE CAMP、TーWALL、BETA、ビッグロック

Jizo
Jizo

講習で、他の人と仲良くなっておけば

同期に、初めての外岩仲間に、一生の友人になれるかも!?

リードクライミングの継続

道具の買い替え

大きなものだけで、3.4万円/年くらいが道具の買い替えに必要です。

アイテム
※高価で寿命が5年以内のもの
寿命
※利用頻度で変わります
コスト
ウエア2年3,500円/年
シューズ1.5年14,000円/年
アプローチシューズ2年7,500円/年
ハーネス5年2,000円/年
ロープ3年7,000円/年
Jizo
Jizo

ギアは新しいものが出たときに我慢しないと、

どんどん費用がかさんでしまうので注意!

ジム利用料

週1日のペースでジムに通うと12万/月が必要です。
※学生は3割程、割引のところが多い

ということで、コストの大部分を占めるのは、ジム利用料、ですね。

これだけの金額を払うのであれば、年パスを買うのもお得かもしれません。

参考までに、年パス料金の相場を表にしておきました。

ジム(所在地)年パス料金
エナジー(埼玉)12万
PUMP(神奈川、埼玉)12.6万
TーWALL(東京)13.2万
BASE CAMP(埼玉)13.2万
ビッグロック(神奈川)14.6万

外岩でリードクライミングをするための費用

外岩のために特別に必要なのは交通費です。

都内から、という前提でおおよそ以下の費用です。

行き先交通手段金額
瑞牆山、小川山11,500円
奥多摩電車2,000円
湯河原幕岩電車2,500円
甲府幕岩10,000円
Jizo
Jizo

私はレンタカーなので、+6,000円ほどかかります

マイカーを持つよりトータルでは安いと思いますよ!

まとめ

リードクライミングの初期費用継続費用を徹底解剖しました!

  • リードクライミングを始めるための道具
  • リードクライミングを習得するための講習
  • リードクライミングを楽しむためのジム料金

ボルダリングを既にやっている方であれば、今後1年で168,000円が必要でしたね。

参考になれば嬉しいです!

今日が人生で一番若い日です!始めるならすぐに♪

ではまた!

この記事を書いた人

◆クライミングで心も体も健全に!
この魅力的なスポーツをもっと広めたい!
好きなことを見つけて、人生を豊かにしましょう♪
まずは登山やクライミング体験からいかが?
目標は14a、4段!(いまは13a、2段)
▶︎Lead More

\Follow Me!/
\Follow Me!/
エンクラ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました