NFT

イーサリアムの色(黒、赤、紫)の違いと入手方法【スマホ版】NFTを買うなら知っておきたい知識です。

NFT

OpenSeaでNFTを買おうと思ったら、3色のイーサリアムのアイコンがあった。

この違いは何ですか?買いたいNFTはアイコンですが、どうやって入手するの?

Jizo
Jizo

色の違いは、NFTの買い方の違いです。
そして色が違うイーサリアムは、それぞれ入手の方法が異なります

OpenSeaでNFTを購入するなら知っておきたい知識なので、学んでおきましょう。

KET POINTS

ETH。普通のイーサリアム。
  ETHを購入して、Metamaskに送金する。

WETH。イーサリアムをラップ(WRAP)したもの。
  MetamaskのETHを、OpenSeaでWETHに交換する。

ETH(Polygon)。ポリゴンチェーンのイーサリアム。
  XRPを購入してMATICにコンバート
  QUICKSWAPでMATICをETH(Polygon)に交換する。

イーサリアムの色の違い

まずは色の違いから。これは、即購入できるかできないか、の違いです。
ここから詳しく解説します。

黒アイコンのイーサリアム(ETH)

黒いアイコンのイーサリアム(黒ETH)は、取引所で普通に購入できるETH(イーサリアム)です。
コインシンボルは【ETH】。イーサリアムのメインネットワークで利用できます。
NFTの購入といえば黒ETHで、OpenSeaでは、最多の2800万アイテムが黒ETHで購入できます。

黒ETHで買えるNFTは、今すぐ購入できるNFT、です。
例えば、

  • 定価販売されているNFTの購入
  • ダッチオークションのNFTの購入

これらは黒ETHで購入します。

ただ黒ETHには課題もあって、1秒間に処理できる数が少なく、また処理のための料金が高いです。

で、黒ETHと対比の関係にあるのが赤いアイコンのイーサリアムです。

赤アイコンのイーサリアム(WETH)

赤いアイコンのイーサリアム(赤ETH)は、黒ETHをラップ(WRAP)したトークンです。
コインシンボルは【WETH
なぜラップする必要があるのか?というと、黒ETHよりも1秒間に処理できる数が多く、また処理のための料金が安くできるから。

赤ETHで買えるNFTは、今すぐには購入できないNFT、です。
例えば、

  • オークション形式のNFT
  • 定価販売されているNFTの値下げオファー

これらは赤ETHでエントリーします。

黒ETHの課題を解決していて、さらに使う目的(購入の方法)も少し違いますね。

赤ETHオークションに勝った場合、手に入るNFT黒ETHで手に入れたNFTと同じです。
あくまで購入の方法が違うだけで、中身は黒ETHです。

赤ETHが必要なくなる開発も進んでいるようなので、将来は見なくなるかもしれませんね。

注意点としては、ETHを取引所に送ってはいけない、ことです。
これは、入手方法のところで詳しく説明します。

紫アイコンのイーサリアム

紫のアイコンのイーサリアム(紫ETH)は、ポリゴンネットワークのイーサリアムです。
黒ETHが利用できるイーサリアムのメインネットワークから、派生したもの、と覚えておくとよいでしょう。

紫ETHで買えるNFTは、今すぐ購入できるNFT、です。黒ETHと同じですね。
例えば、

  • 定価販売されているNFTの購入
  • ダッチオークションのNFTの購入

黒ETHと同じ用途なら、なぜポリゴンネットワークを利用しているの?

Jizo
Jizo

ポリゴンネットワークのほうが処理のためのガス代金が安いからです。

例えば、
黒ETH:NTF500円、ガス代2,000円で計2,500円
紫ETH:NFT500円、ガス代1円で計501円
みたいに、紫ETHはガス代が圧倒的に安い

500円の絵(NFT)を買うための手数料が2,000円なんて馬鹿げてますよね。
なので、価格が控えめなNFT手数料が安いポリゴンネットワークで発行されます。

黒ETHの代金が極端すぎるんじゃない?
と思ったかもしれませんが、普通にこれくらいの処理代金がかかります。

そしてポリゴンネットワークの手数料が安い、というメリットを多くのアーティストが選び、
黒ETHを追い上げて、OpenSeaでは1300万アイテム紫ETHで購入できます。


特徴と利用方法をまとめると、

黒ETH:手数料が高い。NFT取引では最も利用されている。
赤ETH:値下げオファーや、オークションでのみ利用する。
紫ETH:手数料が安い。NFT取引では黒ETHの作品数を追い上げている。

Jizo
Jizo

では次にのイーサリアムをどのように手に入れるかを解説します。

黒、赤、紫イーサリアムの入手方法

黒アイコンのイーサリアム入手

BITPOINTの取引所で0.1EHT以上を購入して、Metamaskに送金する。
これがおすすめです。

おすすめの理由は2つあります。

  1. 販売所ではなく、取引所でETHを購入できる
  2. BITPOINTなら、送金手数料が無料

以下で少し解説します。

取引所でETHを購入できる

取引所なら手数料(スプレッド)が0~0.2%です。

暗号資産の購入は必ず取引所を利用しましょう。
そして、BITPOINTではBITPOINT PROというページから購入してください。

BITPOINT PROへの行き方👇

販売所は手数料が高いので絶対、利用しちゃダメです。
Coinc〇eckをはじめ、取引手数料の無料を謳いながら、スプレッドという名で1~5%の手数料を取って儲けている企業が多いです。

送金手数料が無料

送金手数料も、取られたくない手数料です。
EHTの送金手数料は企業によって違います。

無料:BITPOINTGMOコインなど
0.0005ETH:FTX Japan
0.005ETH:bitFlyerBYBITなど

無料の企業の注意点は、最低送金量が0.1ETHなどに決められていることです。
0.05ETHを送金する、ということができないです。

手数料を安く抑えるコツについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

赤アイコンのイーサリアム入手

赤ETHは、MetamaskなどのウォレットにETH(黒ETH)が入っていれば簡単に入手できます。
まずはMetamaskにETHを送金しましょう。

黒EHTを赤ETHに交換

次の画像から、黒EHTを赤ETH交換する方法を解説します。

交換方法の概要

  1. OpenSeaにウォレット接続
  2. My WalletでETHからWRAPを選択
  3. 量を入力してWrap EHTをクリック

まず、OpenSeaウォレットを接続します。
次に右上の「…」を選択して、My Walletを選択

My Walletの画面で黒ETHの「:」からWRAPを選択

Swapの欄に、赤ETHに変えたい量を入力します。
最後にWrap EHTを押すと承認画面が出るので承認します。
*ガス代がかかります


ガス代金を確認して、Convert tokensが完了するまで待ちます。

ウォレットに戻るとWETHが表示されています。
★これでWEHTの入手は完了です!

赤ETHがウォレットに表示されないときは

Metamaskのメニュー設定
     →実験的改善されたトークン検出
→スイッチをON

これでもダメなら👇

トークンをインポート→WETHを検索して選択
★これで表示されるようになるはずです!

Jizo
Jizo

そもそも赤ETHは使う機会が少ないかもしれません。

次は紫ETHを手に入れる方法です。

紫アイコンのイーサリアム入手

紫ETHの入手方法、これが少しややこしい…!
画像付きで解説するので、ついてきてください。

紫ETH入手方法の概要

  1. bitFlyerでXRPを購入してBinanceに送金
  2. BinanceでXRPをMATIC(Polygon)にコンバート
  3. MATICをMetamaskに送金
  4. QUICKSWAPでMATICをETH(Polygon)に交換

2000円くらいのガス代とか気にならないので、さっさと紫ETHを手に入れたい。

そんな方には赤ETHの入手方法で説明したのと同じように、OpenSea黒ETH紫ETHに交換できます。手順はOpenseaで
My Wallet ➡EHTの「:」
 ➡ Bridge to Polygon ➡ 交換量を入力
です。


では、ここから紫ETHを安く手に入れる方法を解説します。

bitFlyerでXRPを購入してBinanceに送金

まず、bitFlyer取引所(Lightning WEB)で、XRPを購入します。
次にBinenceXRPを送金する。

※手数料が安くなるのでこの方法をおすすめしていますが、MATIC(Polygon)さえゲットできればOKです。

この方法のメリットや口座の作り方は以下の記事をご覧ください。

Jizo
Jizo

bitbankでMATIC(Polygon)の扱いを始めたので喜んだのですが、送金手数料が19 MATIC(約2,000円)もかかる💦 なので、bitbankの利用はおすすめしていません。

BinanceでXRPをMATICにコンバート

BinenceでXRPをMATIC(Polygon)にコンバートします。

Binanceでは、通貨間でコンバート(交換)ができるので、XRP以外の資産を持っている方はXRP以外をMATICにコンバートしてもOK

※手数料が安くなるのでこの方法をおすすめしていますが、MATIC(Polygon)さえゲットできればOKです。

Binenceでのコンバート方法は以下の記事をご覧ください。

MATICをMetamaskに送金

BinanceでMATICが準備できたら、
次は、MetamaskでMATICが受け取れるようにします

Metamaskのホーム上部でウォレットを選択
ネットワーク画面下部でAdd a networkを選択

次に、タブをCUSTOM NETWORKにして、
ネットワーク名からブロックエクスプローラーURLまでを入力して、追加を選択
以下からコピペしてください

  • ネットワーク名: Polygon mainnet
  • RPC URL: https://polygon-rpc.com/
  • チェーンID: 137
  • シンボル: MATIC
  • ブロックエクスプローラーURL: https://polygonscan.com/

Jizo
Jizo

これでMATICをBinanceからMetamaskに送る準備が整いました

BinanceでMATICを出金しましょう。

方法は以下の記事を参考にしてください。

バイナンス(Binance)から仮想通貨(MATICなど)をMetaMask(Polygon)へ送金する方法|のんきん通信
  「バイナンス(Binance)から仮想通貨(MATICなど)をMetaMask(Polygon)へ送金する

QUICKSWAPでMATICをETH(Polygon)に交換

紫ETHを手に入れる手順は、これが最後です★
QUICKSWAPでMATICをETH(Polygon)に交換します。

また画像付きで解説します。

QUICKSWAPのアドレス
➡ https://quickswap.exchange/#/swap


MetamaskのブラウザでQUICKSWAPにアクセス

FromにMATICを、ToにETHを設定します。


MATICの量を入力すると、何ETHになるか表示される
購入したいNFTの金額プラス0.001ETHは交換しておきましょう。
Swapを選択すると、確認画面になります。

Confirm Swapを選択します。
※QUICKSWAPへ払う手数料0.003MATICが表示されています

交換の最終確認です。確認を選択します
※ネットワークのガス代0.0084MATICが表示されています


Jizo
Jizo

EHT(Polygon)は手に入りましたか?
最後までついてきていただいて、ありがとうございます

Metamaskで、交換したETH(Polygon)が見えないとき

スマホの場合、MetamaskのネットワークをPolygonに切り替えます。
次にMetamaskのブラウザ機能で、PolygonのWalletページへアクセス
➡https://wallet.polygon.technology/
最後にETHをトークンに追加
これで見えるようになるはず。

Polygon Walletを選択して、次のページでETHをクリック。

Metamaskを選択して、トークンを追加、これで完了

MetamaskのウォレットがPolygon Mainnetになっていて、ETHが表示されていれば成功です。

注意:赤ETH/紫ETHを取引所へ送金してはいけない

最後に、やってしまったら絶望する、送金の注意を。

赤ETH紫ETHは取引所での扱いがありません。
取引所とはCoincheck、bitFlyerなどの国内取引所、Binance、BYBITなどの海外取引所も含めます。
なので、取引所に送金したつもりになっても、受け口はありません。

でも、Metamaskからは送金できてしまいます

取引所に受け口がないなら、送金できないんじゃないの?

Jizo
Jizo

これが、送金はできてしまうんです。

詳しい話は避けますが、赤ETH/紫ETH取引所へ送金してはいけない、ということは覚えておきましょう。

まとめ

OpenSea3色のイーサリアムのアイコンについて

違いは何
それぞれどうやって入手するか を解説しました!

KET POINTS

ETH。普通のイーサリアム。
  ETHを購入して、Metamaskに送金する。

WETH。イーサリアムをラップ(WRAP)したもの。
  MetamaskのETHを、OpenSeaでWETHに交換する。

ETH(Polygon)。ポリゴンチェーンのイーサリアム。
  XRPを購入してMATICにコンバート
  QUICKSWAPでMATICをETH(Polygon)に交換する。

参考になれば幸いです。ではまた!

この記事を書いた人

◆ もっと趣味のための時間が欲しい!
30代から投資を始めた会社員。投資歴は5年。
最近は仮想通貨とNFTにハマりぎみ。
クライミングの目標は14a、4段!
疑問のお問い合わせは、お気軽に。SNSからのDMもOKです!
▶︎Lead More

\Follow Me!/
\Follow Me!/
Jizo blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました