クライミング

氷川屏風岩の低脂肪を15日間かけて登った記録①

クライミング

東京都の奥多摩にある氷川屏風岩。奥多摩駅は都心から電車で一本とアクセスが良い。

マルチピッチとして登ることもできる岩場なので、本チャンの練習の岩場として発展してきたようです。

低脂肪

その岩場を代表するルートのひとつが低脂肪5.13-

低脂肪の初登は、草野俊達さんにより1988年3月6日に成された。その10日後には、平山ユージさんが第2登。

C峰<低脂肪>

ハングドッガーズの草野俊達が昨年秋から通っていたC峰 <イクイノシシ>右のフェースを一九八八年3月6日にテンショ ン・墜落なしでリードした。
10メートルでグレード5・12+。難しいのは下半部だけで前傾しており、かつホールドが小さい。プロテクションはボルト三本。ときどき岩が欠けるので注意。3月16日、平山裕示が第二登。

岩と雪128号

その後も、ハードフリーのルートがフクロウ岩などに拓かれ現在に至る。

氷川の岩質はチャートで、カチッとしていて形状はガチャついている。最上部に位置するC峰はこの特徴が色濃い。奥武蔵(埼玉県)にある北川の岩場のツルツルしたチャートとは全く違う。

トライ1日目 20201103 TR

イクイノシシが2日目で登れたので、本命の低脂肪にトライを開始しました。ボルト間隔にビビって、トップロープでのトライです。結果的にリードをはじめたのは9日目になってしまいました。

1トライ目は全く何もさせてもらえませんでした。出だしのガバゾーンと左手の斜めガバカチまではいけましたが、その後が全然わからない。

右手を薄いガストンカチ、そのさらに右上にポケットが見えるが、一体どうやってあんな遠くのポケットを取りに行くのかがわかりません。足位置を安定するように広げたり、ガバゾーンの右端にあるアンダーカチを右手で持って動こうとしてみましたが、結局何もできず1ピン目の位置でおりてきました。

2トライ目は右手をガストンカチ、右足を顕著な斜めホールドに広げて安定し、左手を斜めガバカチから薄縦カチに寄せました。でも、やはりここから遠くのポケットへ向かって動き出すことができない。

足位置や右手の保持をこねくり回すも、何もできず。。いったん諦めてポケットから先にいくことにした。

ここで初めてポケットを触るのですが、めちゃわるいがな…。デッドで止まるホールドではないことに少し絶望。動けないガストンホールドを保持して、このポケットを止められる日は来るのだろうか。

ポケットから先はトラバースになり、ホールドと思しきカチがいくつか出てくる。でも足に乏しく、どのカチも鋭利すぎて痛い。ホールドの存在確認はできたものの、基本的に動くことはままならなかった。

このあたりでホールドに謝り始める。「トライするのが千年早かったです、、、」と。

トラバースポイントから再び登り始めるところは、ガチャッとした縦ホールドが並んでいる。最後のフレークカチがまた鋭利で、飛びつきたいのに怖くて飛びつけない。ここもスキップした(ポケットから何もできてない)。

ここでようやく2ピン目のクリップポイント。こんなハードなムーブを連続させてから、クリップするホールドがこれか…。と言いたくなる微妙な保持感のガチャガチャ地帯。

この先は記憶にない。ごぼうで登って最後までワリーと思った気がする。

可能性ゼロで初日を終える。

この時期はみかん?がアプローチの畑で実を太らせている

トライ2日目 20201123 TR

2日目にしてパートナー難民となり、まさかのソロ。こんな事もあろうかと、一週間前に鷹取山でグリグリを使ったソロクライミングの練習をしておいた。

岩場につくと、男女の若いペアがいた。こんな岩場に来るなんて奇特な人たちだ。話してみると、なんと低脂肪をやるとのこと。ソロだとロープをFixしてしまうので、邪魔になってしまう。

恐縮ながら自分も低脂肪をやりたいことを伝えると、TRでやるからビレイすると言ってもらえた。よくよく話を聞いてみると、私に低脂肪をやりたいと思わせた共通の友人と、昨シーズンこの岩場に通った方たちだった。

結果的に、この出会いは15日間も低脂肪に通える大きな原動力になった。

低脂肪にトライする仲間がいるということで、今日は少しでも進歩できることを期待する。1日目はあまりの出来なさに、すべてのホールドに謝って終わった。

まずはお二人のトライをガン見する。低脂肪はムーヴを知るのを避けていたので、自分以外の登りは知らない。

足をそんなところに!ポケットにはそう出すの!?手はそこ?と新しい発見ばかり。昨シーズン少し触られていたようで、思い出しながらではあるものの美しい動きでした。

ガストンカチをマッチして、ポケットに右手をだす。左手をポケット左側のモニョがちゃ地帯を保持(猛烈にわるそう)、などなど目からウロコでした。

マネっこしてポケットに右手を出そうとしてみるものの、その手前のホールドをマッチするのが悪い。しかもポケット左側のモニョがちゃ地帯に触れても何も持つところがない。恐ろしい人たちと知り合ってしまった。。と思いつつ、その先のトラバースでは鬼のようにフラッキングするという新たなムーヴの発見があった。(足がツルツルなので滑ると指皮サヨナラ)

結局、ガストンホールドをマッチして左手を出したり、右手を出したりしたもののポケットを止めることはできず。

その先のムーヴもおおよそ理解したが、いずれも強度が高いし、トゲトゲした岩が食い込んで指皮の消耗が激しいことがわかった。

結果的には楽しく過ごさせていただき、またぜひ一緒にいきましょうということで連絡先を交換して電車に飛び乗った。

可能性2%くらいに感じる。

そういえばアプローチのフィクスロープなど何か所か黄色いロープに変わっていたな。こんな岩場へのアプローチを整備してくれる優しい地元の方がいるなんて。

(つづく)

アプローチ

アプローチは奥多摩駅から急登を35分ほど。

氷川浄水場の左脇の階段を上がり、山に入ります。入ってすぐに道が左右に別れますが、どちらでも氷川屏風岩にはたどり着きます。

おすすめは左の尾根ルートです。理由は3つあり、踏み跡が明瞭なこと、同じような強度がずっと続くので疲れにくいこと、落ち葉が右ルートに比べて少ないことです。でもきっと慣れの問題なのでしょう。

右の谷のルートは、シュナラオババの涙をトライする場合には、最短距離です。右ルートは谷のため暗くなる時間が早いです。

どちらのルートでも、低脂肪のあるC峰に行き着くためには【山火事注意】の看板に行き着くのが最初のポイントです。

山火事注意の看板からフィックスロープ沿いに左上に登ると鉄ハシゴがあります。鉄梯子を登った上から、フィックスロープにそって右へトラバースします。少し足場が細いとことがあるので気をつけてください。最後に少し下るとC峰のピークに着きます。

落ち着ける場所は少ないですが、ピークの岩場に荷物をおいて準備ができます。

C峰は取り付きまでフィックスロープで降りる必要があります。高度もあり、簡単ではない下降です。必ずセルフを取るようにしましょう。

フィックスロープは数本あり、うち一本は結び目もなく懸垂にそのまま使えます。2021年1月にフィックスロープを新しくしておきましたので利用してください。

おすすめの飲食店

朝、お昼は「みすゞ商店」さん

駅前の道路に出て、駅を背にして左側に30mくらいです。朝早くからやっていて、パンやおにぎりが購入できます。

ビア カフェ バテレ/VERTERE

▶︎HPはこちら

オリジナルのクラフトビールが購入できます。フィッシュアンドチップスなどもあり、お腹もみたせます。

地元への貢献、大事ですよね〜。

この記事を書いた人

◆クライミングで心も体も健全に!
この魅力的なスポーツをもっと広めたい!
好きなことを見つけて、人生を豊かにしましょう♪
まずは登山やクライミング体験からいかが?
目標は14a、4段!(いまは13a、2段)
▶︎Lead More

\Follow Me!/
\Follow Me!/
エンクラ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました