お金のこと

【損を最小化】SBI証券のアプリで売り注文【現在保有している株】指値、逆指値、OCO

お金のこと
アイキャッチ

この記事では、以下を解説します。

SBI証券のアプリで、現在保有している株を売る方法

以下は対象外です。

  • 空売り(および返済買い)
  • 新規買い(信用取引含む)

やり方を間違えると、希望してない価格で売却されてしまうので、ぜひ学んでおきましょう。

私はわからないまま操作したことで安く売ってしまい、思いもよらず損をしました。

①ある金額まで下がってしまったら売りたい👈オススメ

  • 注文種別で【通常】を選択する
  • 株数で売りたい株数を入力する
  • 価格で【逆指値】を選択する
  • いくらまで下がったら売りたいのかを入力する
  • 【成行】を選択する成り行き 👈オススメ

解説

【成行】の意図

価格に入力した2000円は「2000円になったら(キッカケ)、2000円で売りたい(どうしたい)」という意味ではありません

「2000円になったら」というキッカケだけを意味しています。

どうしたいか(いくらで売りの注文を出したいのか)、はその下で【指値】もしくは【成行】で指定します。

【成行】きにしておくと、必ず売れます

【指値】にしておくと、売れない可能性(損切りできない)があります

だいぶ省略してますが、上記の理由で【成行】をオススメしました。

【逆指値】の意図

私がこの注文をお勧めした理由は、株価下がってしまったときに自動的に損切りができるからです。

株価が思いもよらず下落した場合、損を承知で早く売ってしまうことが重要です(損切り)。

損切りができないと、その株A(資産)は流動しない資産になってしまいます。流動しない資産になってしまうと、他の株Bを購入したい!と思ったとき、株Bを購入する資産が手元にないのです(損が怖くて売れない)。

株Aが上昇していれば株Aを持ち続けても良いですし、株Aを売って(利益がある)戻ってきた資産で、株Bを購入することもできます。これであれば、資産が増加するサイクルが回ります。

でも株Aを持ち続けると、働かない、減る資産を放置することになります。

超長期投資(10年以上)の目線であれば、放置でも良いです。

損を早く切ってより良いところに移動する。これが短期(〜1年)の投資では最も重要です。

②ある金額まで上がったら売りたい

  • 注文種別で【通常】を選択する
  • 株数で売りたい株数を入力する
  • 価格で【指値】を選択する
  • いくらまで上がったら売りたいのかを入力する

短期(〜1年)や長期(〜5年)では、利益を確定するタイミングも大事ですね。

私は「高橋ダン」さんのYouTubeで、テクニカルな投資(買い方と売り方)を学んでいます。

③ ①と②を合わせて注文しておきたい

  • 注文種別で【OCO】を選択する
  • 株数で売りたい株数を入力する
  • OCO1価格で、いくらまで上がったら売りたいのかの指値を入力する
  • OCO2価格で、いくらまで下がったら売りたいのかのトリガー(逆指値を実行する起点になる)を入力する
  • 【成行】を選択する 👈オススメ

先に説明した2つの注文同時に設定できます★

指値(ある金額まで上がったら売りたい)と、逆指値(ある金額まで下がったら売りたい)を同時にセットすることができます。

例えば1000円で買った株が現在も1000円で、1200円に上がった場合は売りたい。900円に下がってしまった場合でも売りたい。このようなときには OCO 注文が利用できます。

※ウォール街の元トレーダーによる損切りの解説はこちら

まとめ

SBI証券のアプリで、現在保有している株を売る方法

を紹介しました!

慣れないうちは用語の理解などが難しいですが、皆さんが投資で困らないきっかけになれば幸いです!

ではまた!

この記事を書いた人

◆クライミングで心も体も健全に!
この魅力的なスポーツをもっと広めたい!
好きなことを見つけて、人生を豊かにしましょう♪
まずは登山やクライミング体験からいかが?
目標は14a、4段!(いまは13a、2段)
▶︎Lead More

\Follow Me!/
\Follow Me!/
エンクラ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました